園芸ナビ 米村浩次先生の園芸植物図鑑
ガーデニング・植物の総合情報サイト【園芸ナビ】

トップへ

ホーム > 科名 > >
ヒガンバナ科
 


  1 - 10 ( 16 件中 )  [ / 1 2 / 次ページ→ ]
詳細を表示
ヒガンバナ [マイ図鑑に追加]
学名:Lycoris radiata 科名:ヒガンバナ科
9月中旬頃に人里に咲く鮮やかな赤い花は日本の秋の風物詩です。球根(鱗茎)植物で、葉に先立って花茎だけが伸び、頂端に数個の花を着けます。各花の花弁は6枚で、縁が波打ち、反巻します。花後に線形の葉を出します。球根には良質の澱粉がありますが、強い有毒のアルカロイドを含みます。ただし、飢饉の時には毒をさらして食用にする重要な救荒植物として、明治の中頃まで利用されていました。

詳細を表示
リコリス [マイ図鑑に追加]
学名:Lycoris spp. 科名:ヒガンバナ科
ヒガンバナ(緋赤色)の仲間で、ショウキラン(橙黄色)、ナツズイセン(淡桃色)、スプレンゲリー(濃桃色)など多数の種があります。開花も種によって早晩がありいろいろな種を植えれば長期間花が楽しめます。普通は花が咲いて後に葉が出ます。

詳細を表示
キズイセン [マイ図鑑に追加]
学名:Narcissus jonquilla 科名:ヒガンバナ科
細く丸い葉は直立し、イグサ状ですから、イトズイセンとも言います。葉の長さは30〜45cm。花茎も同じくらいの長さで、先端に数個の黄色い花をつけます。花は幅3〜4cm程度で、花披片は平たく広がり、副花冠は短いカップ状です。強い香りがするので、ニオイズイセンとも言います。八重咲き品種もあります。

詳細を表示
スノーフレーク [マイ図鑑に追加]
学名:Leucojum aestivum 科名:ヒガンバナ科
スズランのような花が咲き、スイセンのような姿をしているのでスズランスイセンともいいます。秋植球根で、春2月ごろ芽を出し、4月ごろ花茎の先端に数輪の花が咲きます。花は、鐘形で垂れ下がり、花色は白ですが、花弁の先端には緑色の斑点があります。草丈は40cm程度。

詳細を表示
スイセン [マイ図鑑に追加]
学名:Narcissus spp. 科名:ヒガンバナ科
日本にも房咲きのニホンスイセンが自生します。スイセンの花弁は6枚で、真中に筒状の副冠があります。この副冠の大きさが品種分類の基準で、副冠の長さが花弁の長さ以上のものはラッパスイセン、三分の一以上は大杯スイセン、三分の一以下は小杯スイセンといいます。花弁の色は黄か白で、副冠の色は赤、橙、桃、黄、白など豊富です。なお、八重咲きは副冠がありません。

詳細を表示
クリナム・パウエリー [マイ図鑑に追加]
学名:Crinum ×powellii 科名:ヒガンバナ科
海岸に自生するハマオモト(ハマユウ)の仲間ですが、C.bulbispermumC.mooreiの交雑園芸種で花弁の幅が広く、花色は淡桃色です。インドハマユウに似ていますがやや小ぶりで、花色が異なります。花茎は高さ60cm前後で、10個近い花をつけます。花弁は長さ10cm近くあります。葉の基部は肥厚して10cm前後の大きな鱗茎を形成します。

詳細を表示
インドハマユウ [マイ図鑑に追加]
学名:Crinum zeylanicum (=C.latifolium) 科名:ヒガンバナ科
海岸に自生するハマオモト(ハマユウ)の仲間ですが、花弁の幅が広い種類で、公園などに広く植えられています。花茎は高さ60〜60cmになり、20近い花をつけます。緑色の長い筒部の先に広がる花弁は白色で、長さ10cm近くあり、なかなか豪華です。葉の基部は肥厚して20cm前後の大きな鱗茎(球根)を形成します。桃色花のよく似た植物がパウエリー種です。

詳細を表示
ナルキッスス・ブルボコディウム [マイ図鑑に追加]
学名:Narcissus bulbocodium (=Corbularia bulbocodium) 科名:ヒガンバナ科
漏斗状の副花冠が目立ち、細い披針形の花弁がその基部に散らばるように着いている様はユニークです。漏斗状の副花冠の長さは2cmほど、花弁の長さは2cm弱。葉は長さ10〜20cm程度で、ほぼ円柱形をしています。花茎は葉より長く、花は花茎に1個、横向き、またはやや斜め上向きにつきます。花色は黄〜白。地下には球根(鱗茎)ができます。可憐な雰囲気のあるスイセンで、多くの変種や品種があります。

詳細を表示
シロスジアマリリス [マイ図鑑に追加]
学名:Hippeastrum reticulatum var.striatifolium 科名:ヒガンバナ科
アマリリスの仲間ですが、葉は濃緑色で、中央脈に沿って乳白色帯状の長い斑が入るのが大きな特色です。花は淡桃色と白色の縦縞で、花弁の中央に白い帯が入ります。アマリリスは高度に改良されたハイブリッド系が主流で出回っていますが、本種は素朴な感じが特徴です。

詳細を表示
ゼフィランサス [マイ図鑑に追加]
学名:Zephyranthes candida 科名:ヒガンバナ科
ゼフィランサスの仲間では、白花を多数つけるタマスダレが代表的ですが、桃花のサフランモドキ(Z.grandiflora)もあります。常緑で、花壇の縁取りにも使えます。


  1 - 10 ( 16 件中 )  [ / 1 2 / 次ページ→ ]


この図鑑の無断の複製、転写、転用などを堅く禁じます。
特に、無断の転写等で園芸関係の営業に利用されることは堅くお断りします。

この図鑑は米村花きコンサルタント事務所および米村浩次先生の許可を得て掲載しています。
図鑑の情報の著作権は米村花きコンサルタント事務所に帰属します。
エンゲイナビ 運営サイト
清水園芸 - フリージア球根の生産・販売日本一
園芸・種(タネ)のオンライン通販サイト
園芸・種(タネ)のオンライン通販サイト 『園芸ナビ ショッピング』
Copyright(c) Shimizu Engei, Ltd. All Rights Reserved.