園芸ナビ 米村浩次先生の園芸植物図鑑
ガーデニング・植物の総合情報サイト【園芸ナビ】

トップへ

ホーム
カリシア・レペンス
  検索オプション

花の種 1300種の販売ページへ
【園芸ナビ ショッピング】花の種(タネ)2300点の販売ページへ
ハーブの種 600種の販売ページへ
【園芸ナビ ショッピング】ハーブの種(タネ) 860点の販売ページへ

 カリシア・レペンス
学名: Callisia repens
和名:
英名:
別名:
流通名:
科名: ツユクサ科
属名: カリシア属
性状: 常緑半立性または匍匐性多年草
原産地: 熱帯アメリカ
用途: ミニ、小〜中鉢、吊り鉢
開花期:
備考:

マーク解説
[植物名:カ]
[学名:C]
[科名:ツ:ツユクサ科]
[属名:カ:カリシア属]
[性状:常緑]
[性状:匍匐性]
[性状:多年草]
マイ図鑑に追加
お気に入りに登録
この植物に関する質問・疑問は園芸Q&A掲示板で

特 徴
トラディスカンチャに近い植物で、姿がよく似ています。匍匐性あるいは半直立性、性質は丈夫です。葉がやや大きく、灰緑色地に白の縦縞、裏が赤紫色ののエレガンス、小さい緑葉で多肉質のレペンスが代表的です。レペンスには葉裏が帯紫色、あるいは新芽が帯赤色などの園芸品種があります。株全体が球形にまとまり、姿が崩れにくいので、吊り鉢に適しています。

管理方法
管理環境栽培
【置き場所】 陽光を好みますが、耐陰性の強い丈夫な植物なので室内のどこにでも置けます。しかし、光線が弱すぎると間伸びし、強すぎると日焼けします。夏だけは日陰の風通しのよい場所がよいでしょう。

【温度・越冬】 生育適温は20〜25℃、越冬は明るい室内で水を控えめにすれば簡単です。

【水やり】 生育期には土が乾いたら与えます。土壌水分が常に高いと徒長するので、土はやや乾き気味にして、葉水をこまめに与えます。ただし、夏に過湿にしすぎると株もとが蒸れて落葉することがあります。やや、多肉なので乾燥にはよく耐えます。冬は鉢土を乾き気味にしますが、葉水は必要です。

【肥料】 夏の生育中のみ緩効性肥料の置き肥か、液肥をときどき与えます。

【植え替え】 5〜6月が植え替えの適期です。下葉が落ちているようなら、株もとから刈り込んで、新しく仕立て直します。

【殖やし方】 挿し木で殖やします。発根は極めて容易ですから、葉を3枚程度つけた挿し穂を、仕上げ鉢に直接5〜10本程度挿します。なお、水挿しもできます。



この図鑑の無断の複製、転写、転用などを堅く禁じます。
特に、無断の転写等で園芸関係の営業に利用されることは堅くお断りします。

この図鑑は米村花きコンサルタント事務所および米村浩次先生の許可を得て掲載しています。
図鑑の情報の著作権は米村花きコンサルタント事務所に帰属します。
エンゲイナビ 運営サイト
清水園芸 - フリージア球根の生産・販売日本一
園芸・種(タネ)のオンライン通販サイト
園芸・種(タネ)のオンライン通販サイト 『園芸ナビ ショッピング』
Copyright(c) Shimizu Engei, Ltd. All Rights Reserved.