注目キーワード
  1. 観葉植物
  2. 多肉植物

ネペンテス(ウツボカズラ)の育て方とお手入れのコツ【観葉植物】

この記事では、ネペンテス(ウツボカズラ)の育て方やお手入れのコツを紹介しています。ネペンテスに適した育成環境や置き場所、また水やりや植え替えの方法、増やし方などについて知りたい人は参考にしてください。

ネペンテス(ウツボカズラ)の生育基本情報

基本情報

分類 食虫植物、熱帯植物、観葉植物
サイズ 10~200センチ程度
育てやすさ   難しい
置き場所 春夏秋 明るい日陰
 暖かい室内
性質 耐暑性 強い
耐寒性 弱い
乾燥 弱い
開花
増やし方 挿し木で増やせる

栽培・お手入れカレンダー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
置き場所 暖かい室内 明るい日陰 暖かい室内
水やり 土が乾いたら 毎日 土が乾いたら
肥料         置き肥(2か月に1度)        
植え替え             植え替え      

ネペンテスの育て方

置き場所

ネペンテスは明るい陽光を好みますが、高温の直射日光にさらされると日焼けすることがあります。そのため、春から夏にかけては、半日陰の場所に置きます。光線不足だと発色が悪くなったり、袋がつかないことがあります。またネペンテスは高温性の植物のため、冬場は暖かい室内に置きます。

水やり

生育期にあたる夏場は、毎日水やりをします。秋から冬にかけては水やりの頻度を減らし、土が乾いてきたら水を与えます。ネペンテスは乾燥した状態が続くと葉が黄色くなり枯れてしまうことがあるため、葉水は年間を通してこまめに行いましょう。

用土

水ゴケにパーライトや軽石などの排水性、保水性のある用土を使用しましょう。。鉢用土や堆肥の使用は、栄養分やミネラル分が植物を枯らす可能性があるので避けましょう。

肥料

生育期にあたる夏に、緩効性肥料の置き肥か、速効性の液肥をときどき与えます。

剪定

黄色や茶色になってきた葉は切り取り、しおれて枯れた花は根元から切り落とします。葉が長く伸び見た目が不格好になってきた場合も、茎を一本一本適度な長さに切り戻すことで、新たな成長を促すことができます。

植え替え

株が大きくなったら一回り大きな鉢に植え替えます。1年に1回、5~8月の暖かい時期に受け替えましょう。根が弱いので、ていねいに扱います。

増やし方

ネペンテスは挿し木で増やすことができます。適期は5月~8月と言われていますが、親株が順調に成長している時がベストです。

適当な茎を切り落とし、切り落とした茎から2~3節分を切り分け、さらに下の葉を切り落としたものを挿し穂とします。これを水ゴケに挿し、高温多湿な状態をキープしましょう。1か月程度で、挿し木の底面の切り口の位置に根が形成されます。

ネペンテスってどんな植物?

基本情報

学名 Nepenthes 和名 ウツボカズラ(靫葛)
科名 ウツボカズラ科 属名 ウツボカズラ属
原産地 東南アジア~オーストラリア北部など 分類 観葉植物
形態 多年草 サイズ 10~200cm

特徴

ネペンテスはマダガスカルやインドからオーストラリア北部、ニューカレドニア、フィリピンまで、多様な生息地に生息する食虫植物です。葉の中央脈が伸びて先端に捕虫用のふたのついた袋がぶら下がる姿がユニークです。種によって捕虫袋の形や色は異なりますが、いずれもふたの内側や袋の入り口付近には、蜜を分泌する腺が開いており、昆虫を誘うようになっています。袋の内側で蛋白質を分解する酸性液を分泌し、昆虫は分解されて養分として吸収されます。