注目キーワード
  1. 観葉植物
  2. 多肉植物

ワイヤープランツの育て方とお手入れのコツ【観葉植物】

この記事では、ワイヤープランツの育て方やお手入れのコツを紹介しています。ワイヤープランツに適した育成環境や置き場所、また水やりや植え替えの方法、増やし方などについて知りたい人は参考にしてください。

ワイヤープランツの基本情報

ワイヤープランツの特徴

ワイヤープランツは、オーストラリアやニュージーランドが原産の低木で、針金のように細い枝と小さくて光沢のある濃い緑色の葉が、地面を這うように成長する植物です。晩春には小さな白い花を咲かせ、晩夏には珍しい白い五芒星の果実が花の後に続きます。ハンギングの寄せ植え、や屋外のグラウンドカバーにも使えます。

ワイヤープランツの基本情報

基本データ

学名 Muehlenbeckia 和名
科名 タデ科 属名 ミューレンベッキア属
原産地 ニュージーランド・オーストラリア 分類 観葉植物
形態 低木 サイズ ~5m

性質

耐寒性 強い 耐暑性 強い
耐陰性 強い 乾燥 強い

ワイヤープランツの育て方のポイント

育成難易度

 
簡単

育て方のポイント

ワイヤープランツは、水はけの良い土壌に植え、日当たりの良い場所か、日陰に置き、年間を通して土が乾いてきたタイミングで水やりをしましょう。

管理・栽培の年間カレンダー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
置き場所 日当たり良い室内 日当たり良い場所 半日陰/日向 日当たり良い室内
水やり 表土が乾いたら
肥料                        
植え替え       植替え     植替え    

ワイヤープランツの管理環境

ワイヤープランツの管理に適した置き場所

日当たりの良い場所が最も適していますが、耐陰性があるため半日陰でも育ちます。0℃以上が生育適温となるため、冬は室内で管理した方が無難です。またワイヤープランツは蒸れに弱いので、なるべく風通しの良い場所に置くようにしましょう。

ワイヤープランツは越冬できる?

0℃を下回らない環境であれば問題なく越冬できるでしょう。また、冬場に寒さで落葉した場合も、株自体は生きていることが多く、春になると再び新芽を伸ばし始めます。

ワイヤープランツの詳しい栽培方法

水やりのしかた

年間を通して、土の表面(土の上部5~10cm)が乾いてきたらたっぷりと水やりをするようにしましょう。できるだけ葉を濡らさないように水を与えてください。

用土の選び方

ワイヤープランツは、砂質/ローム質/粘土質で、水はけの良い土壌を好みます。市販の培養土、観葉植物用の土を用いると良いでしょう。

肥料の施し方

特に肥料は必要ありませんが、与えるのであれば春か秋に、即効性の液体肥料を2週間に1度与えます。

剪定のやり方

形や大きさを維持するために必要に応じて切り戻しします。春か秋口に行うとより良いでしょう。ストレスやショックによる合併症を軽減するために、1回の剪定で取り除く量は、植物の体積の3分の1以下に抑えましょう。

植え替えのやり方

春から秋が適期ですが、真夏は避け、4~6月または9~10月あたりに1~2年に一度くらいの頻度で行いましょう。鉢から植物を取り出し、既存のものよりも1回り大きく、排水穴のある鉢に植え替えましょう。その後水やりをして土を定着させ、日当たりの良い場所に置きましょう。

ワイヤープランツを増やす方法

ワイヤープランツは、挿し木で増やすことができます。つるの先端を5~10センチ程度に切り、下葉を切り落として挿し穂にします(少なくとも3枚以上の葉が付いているようにしましょう)。この挿し穂を土に挿し水をやり明るい場所に置きましょう。