注目キーワード
  1. 観葉植物
  2. 多肉植物

モンステラの育て方とお手入れのコツ【観葉植物】

この記事では、モンステラの育て方やお手入れのコツを紹介しています。モンステラに適した育成環境や置き場所、また水やりや植え替えの方法、増やし方などについて知りたい人は参考にしてください。

モンステラの基本情報

モンステラの特徴

モンステラは、中米原産の常緑熱帯植物のつる性低木です。観葉植物として栽培されている品種としては、モンステラ・デリシオサ(Monstera Deliciosa)が有名です。ところどころ切れ込みや穴のある大きなハート型の葉が特徴的な植物です。丈夫で育てやすいため初心者にもおすすです。

モンステラの基本情報

基本データ

学名 Monstera deliciosa 和名 ホウライショウ
科名 サトイモ科 属名 ホウライショウ属
原産地 熱帯アメリカ 分類 観葉植物
形態 多年草 サイズ 10~200cm

性質

耐寒性 普通 耐暑性 強い
耐陰性 強い 乾燥 普通

モンステラの栽培・管理環境

栽培・管理の難易度

 
簡単

栽培・管理の年間カレンダー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
置き場所 明るい日陰
水やり 乾かし気味 土が乾いたら 毎日  土が乾いたら 乾かし気味
肥料       2か月に1度    
植え替え         植替え      

モンステラの管理に適した置き場所

モンステラは、暖かく湿気の多い環境、穏やかな日差しを好みます。そのため、春から秋にかけては屋外の明るい日陰、冬は明るい室内が適します。また、耐陰性があるため、1年を通して室内で管理することも可能です。室内なら、南向き、西向き、東向きの窓から数十センチ離れた、明るい間接光を受けられる場所が理想的です。なお直射日光には適しておらず、日が当たりすぎると、葉が黄色くなります。

モンステラは越冬できる?

モンステラは、生育適温は20~30℃程度とされ、高温を好みますが、寒さにも比較的強い植物です。だいたい5℃くらいまでは耐えられるため、植物が凍ってしまうような環境でなければ越冬は可能です。ただし幼苗期のものはやや耐寒性が低いので注意が必要です。

モンステラの詳しい栽培方法

水やりのしかた

春から秋にかけては、表土が乾いたら水を与えます。夏場は毎日水やりをしても良いでしょう。成長が緩慢になる冬は水やりを控え乾かし気味に管理します。また時々葉水を与えることでハダニやカイガラムシなどの害虫の発生を予防しましょう。

用土の選び方

モンステラは、水はけの良い泥炭質の土を好みます。標準的な鉢植え用のミックスにピートモスを加えたものや、赤玉土小粒・腐葉土・堆肥を7:2:1の割合で配合した用土などがおすすめです。

肥料の施し方

生育期にあたる春~秋に、2か月に1度程度、緩効性肥料の置き肥を与えます。少量でもモンステラの成長と根の健康を促すことができます。冬の生長が緩慢な期間には肥料を与える必要はありません。

剪定のやり方

乾燥した葉や枯れた葉は、鋭くて清潔な鋏を使い、茎の根元(親株に近いところ)で切り取ります。ちょっとした剪定ならいつ行っても問題ありませんが、大規模な剪定の場合は春と夏の間だけにしておきましょう。

植え替えのやり方

株の生育に応じて1~2年に1回ほどの頻度で植え替えを行います。植替えの適期は5月から9月です。株が大きくなったら一回り大きな鉢に植え替えましょう。

モンステラを増やす方法

モンステラは挿し芽(挿し木)や茎伏せで殖やすことができます。適期は5~7月あたりです。

挿し芽(挿し木)で増やす場合は、茎を1~2節ずつ切り刻んで挿し穂にします。そして、挿し穂を1/2ほど赤玉土などの土に埋め、水をたっぷり与えます。2か月ほどたち発根したら、観葉植物用の土を入れた鉢に植え付けると良いでしょう。

また、茎伏せで殖やす場合は、茎を2~3節ずつ切り刻み、川砂などの上に並べておくと芽を吹いてきます。芽が出てきたら観葉植物用の土の鉢に植え付けましょう。