注目キーワード
  1. 観葉植物
  2. 多肉植物

観葉植物は日光なしでも育つ?適切な日光浴の時間や質について解説

観葉植物と日光の関係について解説しています。観葉植物にはどれくらい量の日光が必要で、どれくらいの時間日光に当てれば良いのかといった疑問をお持ちの方は参考にしてみてください。

観葉植物は日光なしでも育つ?

観葉植物に日光は不要?

室内で育てることができる観葉植物が数多く流通していることもあって、観葉植物には日光が不要というイメージを持つ人が多いかもしれません。しかしながら、すべての生物は食べ物と水を必要としています。植物にとって光は食料です。光合成と呼ばれる重要なプロセスで光を利用しています。光のエネルギーを葉緑体に取り込まれた葉緑体は、複数の代謝反応を引き起こします。糖は植物の成長を促進するため、光を多く浴びれば浴びるほど、より多くのエネルギーを生み出し、より早く成長します。

室内向けの観葉植物にも”ある種の光”が必要

室内で管理されている観葉植物には日光が不要というイメージがあるかもしれませんが、実際には室内の植物も屋外の植物と同じように日光を必要としています。ただし、屋外の植物のように「明るい光」や「直射日光」ではなく、「中程度の光」や「微光」を必要としていることがほとんどです。このように、一言で光といっても様々な種類の光があり、室内向きとして販売されているような観葉植物であってもある種の光を必要としていることがほとんどです。

観葉植物にとって適切な日光浴とは?

植物ごとに必要となる光の種類や量は異なる

では、観葉植物にはどんな種類の日光を、どれくらいの時間当てればよいのでしょうか?これについては一概に答えることはできません。なぜなら植物の種類によって、必要となる光の種類や量は異なるからです。

例えば、アロエ、多肉植物、ヤシの木といった植物は、太陽を好む植物なので、”明るい光 “を当てる必要があります。”明るい光 “とは、植物と光源(日当たりの良い窓)の間に遮蔽物(カーテンやブラインド、日陰を作る高い木や建物)がないことを意味します。室内では、植物が最も明るく直射日光を浴びる場所となります。そのため、これらの植物は、部屋の中で一番明るい場所に置き、1日6時間以上は直射日光を浴びる必要があります。

また、シダやアウド植物(モンステラやアグラオネマ)は、森林の床に住むように進化してきたので、日陰になることに慣れています。彼らは直射日光の厳しい光線を処理するために進化してきたわけではないので、中程度の明るさの条件を好みます。”中程度の光”とは、植物と光源(日当たりの良い窓)の間で拡散された光(シアーカーテン)のことです。植物と光源の間の経路を部分的に遮るものがあれば、それがこの中光となります。

またあるいは”微光 “を好むような植物も存在します。”微光 “とは、直射日光が植物に届かないことを意味します。おそらく、光源(日当たりの良い窓)から数メートル離れているか、人工光のある部屋の中にあると思われます。)。光が少ないということは、エネルギーと食料が少ないということです。いくつかの植物は、低光の条件で生き残ることができますが、彼らは繁栄することはありません。

植物に適した環境をネットで調べよう

以上のように、植物の種類によって、必要となる光の種類や量は異なります。そのため、植物を購入したら、まずはその植物について調べましょう。インターネットでその植物の名前を検索すれば、明るい光を必要としているのか、間接的な光で良いのか、室内の最も明るい場所に置くべきか、ガラス越しの日光が当たるような場所でOKなのか、といったことをたいていの場合は簡単に調べることができます。