注目キーワード
  1. 観葉植物
  2. 多肉植物

オリヅルランの育て方とお手入れのコツ【観葉植物】

オリヅルランは、水はけの良い土と明るい間接照明を与えてあげれば元気に育つことが多く、誰でも簡単に育てることができる初心者向けの観葉植物です。この記事では、オリヅルランを育て、日々手入れするコツを紹介しています。オリヅルランの詳しい育て方を知りたい人は参考にしてください。

オリヅルランの生育基本情報

基本情報

分類 観葉植物
サイズ 5~30センチ程度
育てやすさ   簡単
置き場所 春夏秋 日当たりの良い場所
室内(日の当たる場所)
性質 耐暑性 強い
耐寒性 普通
乾燥 強い
開花
増やし方 株分け、子株から増やす

栽培・お手入れカレンダー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
置き場所 日の当たる室内 屋外など日当たりの良い場所 日の当たる室内
水やり ひかえめ 土が乾いたら 毎日 土が乾いたら ひかえめ
肥料       緩効性の置き肥(2月に1度)  
植え替え         植え替え・植え付け      

オリヅルランの育て方

置き場所

オリズルランは、間接的な光や中程度の日差しを好みます。一方、直射日光に長時間さらされると、葉が焼けて葉先が茶色くなったり、シミができる原因になります。

そのため、秋から春にかけては、室内の日の当たる場所が置き場所として最適です。夏の間は屋外でも、直射日光の当たらない場所であれば、置いて育てることができます。

水やり

春の間は土の表面が乾いてきたら水をやり、暑い夏の間は毎日水をやりましょう。春から夏にかけては、オリヅルランの成長を促すために土を湿らせておきましょう。ただし過度に湿った状態が続くと根腐れになる可能性もあるので、やり過ぎには注意しましょう。秋から冬にかけては頻度を減らし、鉢土を乾かし気味にするようにして水を与えます。

用土

鉢土が過度に湿った状態が続くと根腐れになる可能性があるので水はけの良い土を使いましょう。観葉植物用の土や、花苗用の土でも育ちます。

肥料

春と夏に月に2回まで、観葉植物に適した緩効性の置き肥を与えると良いでしょう。ただしオリヅルランへの肥料は適度に行う必要があります。肥料を与えすぎると葉先が茶色くなってしまうので、控えめに与えるようにしましょう。

剪定

清潔なハサミを使い、オリズルランの中心付近の傷んだ葉(茶色や黄色になっている葉)を切り落とします。葉が茂りすぎてスペースが狭くなってきている場合は、株の根元近くの成長している健康な葉を切り取ります。

植え替え

オリヅルランは成長が早く、鉢の中ですぐに固まってしまうことがあるため、約1年おきに植え替えを行うと良いでしょう。

オリヅルランの植え替えは簡単です。鉢からそっと株を取り出したら、その根をすすぎトリミングしてから、より大きな鉢に植え替えます。オリヅルランはあまり長く湿った土に耐えられないため、底に排水のための穴がある鉢を選ぶようにしましょう。

植え替え後は、水やりをよくして、いつものようにお手入れをしてください。

増やし方

オリヅルランは、伸ばしたランナーの先に子株をつけます。この子株をランナーを少し残して切り離し、鉢土に植えるだけで、新たなオリヅルランの株を簡単に増やすことができます。

なお、子株から根が出ている場合は、すぐに鉢植えに植えることができますが、根が出ていない場合は、水の入ったグラスなどに子株を1〜2週間刺しておけば根が出るので、その後鉢植えに植え替えをしましょう。

オリヅルランってどんな植物?

基本情報

学名 Chlorophytum 和名 オリヅルラン(折鶴蘭)
科名 キジカクシ科 属名 オリヅルラン属
原産地 アフリカとインドを中心とした熱帯 分類 観葉植物
形態 多年草 サイズ 5~30cm

特徴

オリヅルランは、白いストライプ柄の斑の入った細長いアーチ状の緑の葉が特徴的な植物で、数ある観葉植物の中で最も適応性が高く、最も育てやすい植物の一つです。定期的に小さな白い花を咲かせることがあります。